株式の取引は大きく分けて三者に分かれます。個人投資家、機関投資家、外国人投資家。この三者の動向が株価の変動に影響を与えるので、それぞれの特徴を知っておく必要があります。

個人投資家とは、一般的な投資家のことを指します。売買単位が小さい為、株価に与える影響が最も少ないです。

機関投資家というのは、国内にいるプロの投資機関です。主に銀行などの金融機関や一般企業の投資部、投資信託会社などを指します。売買単位が非常に大きい為、株価に与える影響はかなり大きいです。

外国人投資家というのは、その名のとおり外国人の投資家です。外国人投資家は、国外の資金を使って日本株を買います。為替差益も関わってくるので、円高になると株が売られる傾向にあります。外国人投資家は、外国の機関投資家という意味も含んでいますので、売買単位が大きく、株価に大きく影響を与えます。それぞれの銘柄にある株主欄に外国投資家の比率が載っています。

主な株価変動は、機関投資家と外国人投資家が変動要因となります。