まず株式の取引は主に各地の証券取引所で行われています。東京、大阪、名古屋、札幌、福岡などがあります。東京にある東京証券取引所通称東証が一番有名です。

東証の後につく、一部、二部というのは、サッカーでいうJ1とJ2みたいなものです。二部にいても業績がよくなれば、一部に格上げされることもあります。

そこで東証一部というのは、一種のステータスになっています。企業がそこを目指すのは東証一部というだけで企業の認知度、信頼度が大きく上がるからです。もちろん、東証だけでなく、他の証券取引所でも優秀な企業はたくさんありますが、東証一部は上場するための審査基準が非常に厳しいので、審査に通ることが非常にむずかしいのです。東証一部に上場している会社は、簡単には潰れにくく、優秀であることが言えます。

これらとは別に、東証マザーズや東証ジャスダックのような新興市場があります。ベンチャー企業や中小企業などを中心に構成されています。会社の規模が小さいため、比較的値動きの激しい銘柄が多いので、株に慣れるまではおすすめできませんが、慣れてきたらそういった銘柄も面白いと思います。慣れるまでは、東証一部の中から銘柄を選んだほうがいいでしょう。