殺人インフルエンザ関連銘柄

今年も、インフルエンザの本格的な流行期が近づいてきたことから注目を集めているが、日本と季節が逆転する南半球では2017年に致死率が通常よりも高い「殺人インフルエンザ」が流行したとされており、国内でも緊張感が高まりつつある。

 

殺人インフルエンザ関連銘柄 ~大吉~


<3107>ダイワボウホールディングス

マスクを製造していることから、インフルエンザ予防への関心が高まれば売り上げ増につながると考えられる。殺人インフルエンザが猛威を振るうこととなれば、普段は感染症予防への関心が薄い層にもマスク着用が広がる可能性がある。

 

殺人インフルエンザ関連銘柄 ~吉~


<4519>中外製薬

抗インフルエンザ薬「タミフル」を販売していることから注目を集める可能性がある。治療薬を投与されたインフルエンザ患者が異常行動をするリスクがあるとされているが、高熱が原因とする考え方もあるため患者増が販売増につながるとみられる。

 

殺人インフルエンザ関連銘柄 ~中吉~


<2269>明治ホールディングス

免疫力強化に役立つとしているR-1ヨーグルトの販売促進を活発に行ってきたことから、感染症が流行するシーズンにさらなる売上増が期待できるかもしれない。殺人インフルエンザの流行で外出を控える動きが出れば、自宅でお菓子を楽しむ層が増えることも考えられる。

 

殺人インフルエンザ関連銘柄 ~小吉~


<2112>塩水港精糖

取り組んでいる事業の幅が比較的限られていることから、感染症対策としてオリゴ糖関連製品の売り上げが伸びれば、業績全体を押し上げる可能性がある。健康意識の高まりに加えて殺人インフルエンザの上陸が成長の追い風となるか要注目だ。

 

殺人インフルエンザ関連銘柄 ~小吉~


<8113>ユニ・チャーム

インバウンド需要を取り込み成長著しい企業だ。マスク製造を手がけており、殺人インフルエンザへの対策が進めば需要増の恩恵を受けられるだろう。インフルエンザは海外でも流行することから、中国人観光客などがマスクをまとめ買いすることなども考えられる。

 

殺人インフルエンザ関連銘柄 ~半吉~


<6752>パナソニック

インフルエンザウイルスは乾燥した環境を好むことから、室内を加湿することが有効な予防策となるとされる。オフィスでもデスク周りに加湿器を設置する人が少なからず見られる時代となっており、殺人インフルエンザが流行すれば加湿器の売上がさらに伸びたり、より高機能な製品が売れ筋となったりすることが期待される。

 

殺人インフルエンザ関連銘柄 ~末吉~


<3088>マツモトキヨシホールディングス

インバウンド需要を取り込んでいるほか、取扱商品の幅を広げてコンビニの客を取り込む動きもあるようだ。インフルエンザ対策に役立つマスクや消毒液などはドラッグストアで購入することができるため、殺人インフルエンザが流行すれば来店客増や客単価アップにつながると考えられる。

 

殺人インフルエンザ関連銘柄 ~関連ニュース~

重症化すれば死に至るケースも?!

インフルエンザは高熱が出ることで知られており、感染時の症状を緩和する目的で予防接種を受ける人が少なくない。インフルエンザと診断された場合は学校に出席できなくするなどの措置が講じられることからも、その感染力の高さがうかがえる。日本でも冬を中心に毎年流行しているが、11月末時点ではまだインフルエンザの大規模な流行には至っていないようだ。しかし、昨年大流行したノロウイルスの感染者が今年はそれほど伸びていないことから、警戒対象がインフルエンザに集中しやすくなる可能性は認識しておきたい。特に日本では高齢化が進んでおり、若者に比べて免疫力が相対的に弱い高齢者が多い。介護施設や医療機関等での集団感染も毎年発生していることから、致死率の高いウイルスが流行すれば、インフルエンザによる死者が例年より多くなる可能性もあるだろう。

ワクチン供給の遅れから不安が拡大する可能性

インフルエンザの症状緩和を目的とした予防接種は、毎年11月ごろから摂取希望者が増えるとされている。ところが、今年はワクチンの供給が遅れており、十分な予約を受け付けられない医療機関も出ているようだ。致死率が高いとされる殺人インフルエンザが本格流行すれば、予防接種を受けられていない層を中心に不安が拡大する可能性がある。ワクチン接種のほか、我々ができるインフルエンザ予防策としてはマスクの着用やうがい薬・加湿器の使用、ヨーグルトなど免疫力を高める効果があるとされる食品の摂取などが考えられる。医薬品メーカーやマスク製造業者、ドラッグストアなどに注目が集まる可能性もあるだろう。また、ヨーグルトへの注目度も一部では高いことから、ヨーグルトメーカーにも恩恵が波及することもあり得る。

 

殺人インフルエンザ関連銘柄 ~総括~

通常より致死率が高いとされるインフルエンザが海外で流行したことから注目を集めているインフルエンザ関連銘柄。日本でもインフルエンザの流行が本格化する段階で、例年以上に警戒心を強める人が増えれば関連銘柄に恩恵が波及するだろう。インフルエンザ予防に役立つ製品に関連した企業や、インフルエンザ治療薬の開発企業などを中心に値動きに注目しておきたい。

なお、この関連銘柄の情報は、下記のサイトでも詳しく取り上げられている

新生ジャパン投資

俺がこの投資顧問を推したいポイントは、とにかく先を見据えた市場の動きを予測している点だ。代表である前池英樹の先読みがとにかく鋭いので、その中のひとつを紹介したい。

去年12月28日の年末に紹介された推奨銘柄なのだが、これは結果的に俺もお世話になった【2315】SJIだ。推奨後の株価は30円、しかしその2週間後、「SJIとテックビューロ、ブロックチェーン技術のフィンテック実証実験と販売に向けての協業を開始」というニュースが飛び込むと同時に買いが殺到し、結果的に3日間連続のストップ高となった。株式投資に於いて、情報は早さが命。このタイミングでの推奨であったからこそ、俺は結果的にたった2週間で5倍近くにもなったこの【2315】SJIで懐を温める事ができたのだ。

推奨銘柄というのはやみくもに推奨されているわけではない。しっかりと裏付けがあってのもので、これこそプロの投資顧問の真骨頂と言っていい。無料推奨銘柄というお試しが半永久的に利用できるのであれば、それを利用しない手はないと俺は思う。今後もこの新生ジャパン投資の度肝を抜く先読みの情報はマメにチェックするべきだろう。

無料推奨銘柄は毎日配信される朝刊と夕刊に記載されている。下のバナーから是非とも試してみてほしい。

新生ジャパン投資

 

殺人インフルエンザ関連銘柄おさらいまとめ一覧

殺人インフルエンザ関連銘柄 <3107>ダイワボウホールディングス

マスク製造を手がける

殺人インフルエンザ関連銘柄 <4519>中外製薬

抗インフルエンザ薬「タミフル」を販売。

殺人インフルエンザ関連銘柄 <2269>明治ホールディングス

R-1ヨーグルトの販売。

殺人インフルエンザ関連銘柄 <2112>塩水港精糖

オリゴ糖関連製品に強み。

殺人インフルエンザ関連銘柄 <8113>ユニ・チャーム

マスク製造を手がける。

殺人インフルエンザ関連銘柄 <6752>パナソニック

高機能な加湿器製品に強み。

殺人インフルエンザ関連銘柄 <3088>マツモトキヨシホールディングス

インフルエンザ予防に役立つ製品を販売。