投資家の皆様、今日も利確させてますか?株番長です。

実は先日、晋遊社さんよりお声をかけていただき、株主優待についての企画に参加させて頂いた。すでに発行されている「完全ガイドシリーズ189 株主優待完全ガイド」という株式情報誌に、俺のコメントが掲載されているのだが、今日はこの雑誌の紹介とともに、株主優待についても少し触れたい。

[完全ガイドシリーズ189] 株主優待完全ガイド

[完全ガイドシリーズ189]
株主優待完全ガイド

定価: [本体880円]+税
発売日: 2017.07.14
判型: A4変形
ページ数: 96ページ
雑誌コード: 67610-76
ISBN: 978-4-8018-0757-0

7月14日に発売されているという晋遊社さんが発行している株式情報誌だ。今回はこの中の、「株専門家や有名ブロガーなど投資家500人が選んだ最強優待品ランキング」というコーナーに俺のコメントやら、オススメ株主優待なんかが紹介されている。

今さら聞けない優待選びのコツ解説なども載っているので、気になる方は是非とも手に取ってほしい。

購入や詳しい雑誌情報に関してはこちら⇒晋遊社「株主優待完全ガイド

 

株主優待を意識した株式投資

投資をするからには、やはり株主優待も意識しつつ投資をするのが効率的かつ、有益だろう。株主優待を意識して投資をするためには、配当利回りと株主優待利回りの合計利回りができるだけ高い銘柄を選ぶなどのコツが必要だ。特に、優待を得られる銘柄は、権利確定日に向けて株価が上昇しやすいという事もあり、銘柄を買う際も、権利確定日を事前に調べ、値上がりする2~3カ月前に買うのがベストだ。また、株主優待の中には、長期保有で優待の相当額があがる銘柄もわりとある。長期保有が得意という方はそういった銘柄に視点をあてて購入するのもひとつの手だ。しかしながら、利回りが良くとも、あまり利用する事のない優待をもらっても得は少ない。利回りと、利用頻度のバランスがうまくとれる自分にあった銘柄を選ぶのが結局のところ一番ではないだろうか。

 

株番長的オススメ株主優待


【3661】エムアップ
今年の上半期は話題の急騰株としてもかなり話題となった銘柄だ。こちらは100株で500円分QUOカードが年二回もらえるという優待。
現在株価は下落気味だが、今のこのチャートの流れ的にも次の話題が来次第、反発は大いにあり得るだけに、優待品があるなら利回り的にそれだけでも得といえる。

 

さいごに

株主優待はあくまで株主になるといただく事ができるというおまけ的なお得感で考えないといけない。これを主体に考えすぎて投資をおこなうと自滅しかねないので注意が必要だ。とはいうものの、権利確定日をしっかり把握し、上手く投資すれば、優待だけでなくしっかり利確できるので利用しない手はないだろう。