材料銘柄5選<2018年2月16日>

円高が進み、相場は今荒れている。しかし、こういった時こそ、決算発表が好感視され、今日も<7244>市光工業、<3916>デジタル・インフォメーション・テクノロジーといった銘柄がストップ高となっている。続落続きで株式市場が荒れている時こそ、材料銘柄だ。

では2月16日の材料銘柄に触れていこう。

 


本命【4926】シーボン

18年3月期単体決算予想、当期利益2.17億円→3.07億円、上方修正

 


対抗【2587】サントリーBF

18年12月期は連結営業利益7.7%増(IFRS基準)を見込み3円増配予定

 


単穴【4704】トレンド

18年12月期は連結営業利益11.7%増を見込む

 


連下【2502】アサヒ

18年12月期は連結営業利益9.2%増(IFRS基準)を見込み15円増配予定

 


大穴【3758】アエリア

18年12月期は連結営業利益48.6%増を見込む

なお、こういった材料銘柄は、もっと多く、さらに早く把握する事が可能だ。

下記で紹介している『新生ジャパン投資』は、まさにそういった銘柄をいち早く把握するのにうってつけのサイトと言える。

新生ジャパン投資

最近の実績で言うと、新生ジャパン投資が推奨した<3323>レカムが、買い推奨値118円から553円へ4.6倍高の短期急騰を演じたのは記憶に新しい。

推奨後この銘柄は、17年9月期の決算を発表し、連結経常利益は前の期比2.7倍の2.5億円に拡大。18年9月期も前期比2.2倍の5.7億円に急拡大を見込むとした。同時に増配も発表。

さらにその後、「光通信との資本業務提携」および「同社子会社の株式取得に関する基本合意契約締結」を発表した。

上記に加え、子会社が中国に上場する思惑も伝わり、株価急騰に拍車。今年に入り、1月4日には子会社が上場準備を行っているというIRもあり、更にヒートアップした。

推奨後にこれらの材料が経て続き、結果的に株価5倍近くの上昇となっている。

無料推奨銘柄というお試しが永久的に利用できるのであれば、それを利用しない手はないと俺は思う。今後もこの新生ジャパン投資が目を付けた銘柄を知っておくのは決心て損ではないだろう。

 

材料銘柄5選 本命

【4926】シーボン

決算予想にて上方修正

材料銘柄5選 対抗

【2587】サントリーBF

連結営業利益にて上方修正

材料銘柄5選 単穴

【4704】トレンド

連結営業利益にて上方修正

材料銘柄5選 連下

2502】アサヒ

連結営業利益にて上方修正

材料銘柄5選 大穴

【3758】アエリア

連結営業利益にて上方修正