材料銘柄5選<2018年2月13日>

仮想通貨の下落で一時的に株式投資へスライドしている投資家も多く、材料銘柄が良く伸びている。前回紹介した材料銘柄も、【4576】デ・ウエスタン・セラピテクス研究所はその後5営業で+19.1%と大幅な騰落率を見せ、ブログを見ている投資家の懐を温めてもらえていたら幸いだ。

この銘柄の選定の決め手となっているのは記事下にある投資顧問の情報をもとに選定されているので、この記事で気になる銘柄があればさらに詳しい詳細はそちらでチェックしてみてほしい。

では2月13日の材料銘柄に触れていこう。

 


本命【1979】大氣社

170万株の自社株消却、発行株の4.62%

 


対抗【2475】WDBホールディングス

11万株・4億2000万円を上限に自社株買い、発行株の0.55%

 


単穴【2929】ファーマフーズ

18年7月期連結決算予想、当期利益1億円→1.4億円、上方修正

 


連下【6502】東芝

組込み向け超低消費電力アナログAIアクセラレータチップ開発

 


大穴【7733】オリンパス

18年3月期連結純利益予想を630億円に上方修正

なお、これらの材料を含む銘柄情報は、さらに早く把握する事が可能だ。

下記で紹介している『グラーツ投資顧問』は、提供銘柄には特に自信をもっているサイトで、累計の実績も数字をみれば一目瞭然だ。

2017年1月~7月の7か月間で、無料推奨銘柄を総じて275銘柄ほど推奨しているのだが、その内213銘柄が1ヶ月以内に+10%以上の株価上昇を見せている。275銘柄のうちの213銘柄という事は、つまりすべての銘柄に手を出していたとしても、213銘柄が+10%以上の収益を生んでいれば、トータルでもプラス収支になっている計算だ

無料でこれだけ手軽に収益をあげられる情報を公開しているところはそうはないだろう。例を挙げれば、去年爆発的な値上げを見せた、<3185>夢展望や、<3667>enish、<6628>オンキヨーなんかを急騰前に推奨している。

結果として数字に出せるのは、材料の把握が早いからであり、いち早く提供できる事で増幅の値幅も大きく得られるからだ。登録がまだの方は、とにかく一度無料登録からでも試してみてほしい。


グラーツ投資顧問 無料推奨銘柄
営業開始より2年を迎え、さらにパワーアップしてリニューアルオープンをする事になったグラーツ投資顧問。イメージキャラクターとして「にしきのあきら」さんを起用しており、社を挙げて今回のリニューアルに力を注いでいる事がよくわかる。提供されている無料銘柄の実績も勝率8割越えと驚異の数字。是非とも一度試すべきだろう。

材料銘柄5選 本命

【1979】大氣社

170万株の自社株消却、発行株の4.62%。

材料銘柄5選 対抗

【2475】WDBホールディングス

自社株買い、発行株の0.55%。

材料銘柄5選 単穴

【2929】ファーマフーズ

決算予想にて上方修正。

材料銘柄5選 連下

【6502】東芝

AIアクセラレータチップ開発。

材料銘柄5選 大穴

【7733】オリンパス

連結純利益予想にて上方修正。