日経平均寄与関連銘柄【9983】ファーストリテイリング


2017-04-21-終値35,110 前日比+1,300(+3.70%)
PER   :(連) 37.13倍
PBR   :(連) 5.04倍
配当利回り:0.96%
時価総額 :3,862,142百万円


3月30日の株経ONLINEにて「日経平均寄与度ランキング」という記事が掲載されていたので、改めて日経平均寄与関連銘柄を探ってみたところ、カブ知恵代表の藤井英敏さんも注目している日経平均寄与関連銘柄として【9983】ファーストリテイリングを推奨していた。
日経平均株価が大幅続伸していることで、軒並み影響してくる銘柄が急騰している。

銘柄[市場] 9983 ファーストリテイリング [東1]
大発会始値 2017-01-04-始値42,480円
本日終値 2017-04-24-始値36,410円
高値日高値 2017-01-05-始値43,330円 年初来高値

日経平均株価は大幅続伸しているな。前週末比249.49円高の18870.24円で前場の取引を終えているぞ。23日に実施されたフランス大統領選挙の第1回投票では中道系のマクロン氏が得票率首位で決選投票に進み、波乱の展開を警戒していた金融市場には安心感が広がったことが要因だろう。この影響で日経平均寄与関連銘柄が軒並み続伸しているぞ。

今回紹介した銘柄【9983】ファーストリテイリングを早い段階で勧めていた藤井英敏さんは、20年以上も金融情報配信サービスに携わる超ベテランで、現在は日本でも最大級の株式情報サイト『カブ知恵』を運営している事でも有名な人だ。


藤井英敏

株式会社 カブ知恵 代表取締役
マーケット・アナリスト
「おいしい株の見つけ方」(ダイヤモンド社)※初版1万5000部を発行
連載中のコラム「投資の方程式」はこちらから↓

株式投資はとにかく経験と知識がものをいう。自らがIPOを経験した実績を持つ藤井さんは、市場のみならず社会的なニーズや方向性・先見性を見つけることができるマーケット・アナリストということもあって、東証一部の大型株から、新興市場の超小型株やIPOまで幅広く把握し、しかも先物・オプション市場についても詳しいという強者だ。こういった人が発信する言葉はとにかく影響力を持つため、そこで銘柄名が取り上げられただけでも株価が上昇するという事も良くある話だ。個人的には情報としても、知識としても、この「藤井英敏の投資の方程式」は是非とも一度目にしてほしい。また、同サイト内では、藤井さんのコラムが読めるだけでなく、プロの投資顧問が推奨する無料推奨銘柄も見る事もできるので、一石二鳥の意味でも登録は間違いなく有益だ。

日経平均寄与関連銘柄-大吉-

【9983】ファーストリテイリング

日経平均寄与関連銘柄-中吉-

【6954】ファナック

日経平均寄与関連銘柄-小吉-

【9433】KDDI

日経平均寄与関連銘柄-末吉-

【4543】テルモ

※免責事項※
当ブログの記事は投資勧誘及び個別銘柄の推奨や投資助言ではありませんので、
情報の正確性を保証するものではございません。予めご了承下さい。
投資判断は自己責任にてお願いします。