みなさま、あけましておめでとうございます。

年が明けて3日、いつになく寝正月となっている株番長です。

とはいうものの、明日はもう大発会。2018年の投資ライフに良い景気を付けるためにも、ここはしっかりと年明けから注目できる銘柄の考察をしておきたい。

2017年の株式市場が好調だったことに加えて、アメリカでは大規模な法人税の減税が決まったほか、日本ではマイナス金利政策が継続されるなど、2018年の株式市場にも期待できるニュースが見られる。ご祝儀相場の影響もあり年始から株価が急騰する銘柄を購入しておき、2018年も幸先よく利益を得たいところだ。

 

2018年のイベントを意識した買いを集める銘柄に期待

年始には、各種報道などで2018年のイベントが紹介される機会が豊富だ。そのため、2018年に実施されるイベント関連の銘柄には注目が集まりやすいと言える。具体的には皇室ウェディングに期待できる。また、2018年は戌年のため、干支関連銘柄として犬をはじめとするペット関連銘柄が賑わうことも考えられる。さらに、経済については日銀がマイナス金利政策を解除する可能性があり、収益改善が期待できる銀行株や生保株に資金が流入することもあり得る。国内政策としては、2018年度予算案の審議が国会で進むこととなるが、防衛予算の増額により防衛関連銘柄への注目度が高まる可能性がある。年始から国威発揚などの目的で北朝鮮がミサイル発射を強行することも考えられる。

 

年始のイベントにも要注目

年始に狙いやすい銘柄としては、年始に注目を集める製品やイベントに関わる銘柄が挙げられる。具体的には、年末年始に旅行を楽しむ人が増えれば、インバウンド関連銘柄や、国内も含めたレジャー銘柄、空運銘柄などに資金が流入する可能性がある。また、天候不順で観光銘柄に悪影響が出た場合も、大雪を味方につけられるウィンタースポーツ関連銘柄や、視聴率アップに期待できるテレビ局銘柄などに期待できる。初売りやスポーツ等の報道、中継により、百貨店などの小売銘柄や、スポーツ用品関連銘柄などにも注目が集まることがあり得る。年始の天気予報もにらみながら、注目度が高まりそうな銘柄に先回りして買いを入れておきたいところだ。また、株式市場が好調なスタートを切れば、証券銘柄などへの資金流入が活発化することも考えられる。

 

どんな銘柄に注目するべきか

日本を含め世界全体が息の長い景気回復の中にあり、年始から株式市場への資金流入が期待できる。年始には消費意欲の高まりがみられることから、百貨店やレジャー施設などが賑わい、運営企業の収益に貢献するだろう。また、年末にかけて節税目的で損切りを実施した投資家が、年明けからポジション修正目的で投資先を物色する。そのため、割安感のある銘柄や、年始イベントをきっかけに株価が急騰のチャンスがある銘柄、2018年に成長が期待できるテーマ株などには資金が流入しやすい。年末年始をのんびりとくつろぐ時間だけに充てるのではなく、年初から株式投資で利益を上げられる銘柄探しにも費やしておきたいところだ。

 

年始に狙いやすい銘柄

ネット証券関連銘柄


<8473>SBIホールディングス

年始にご祝儀相場で株式市場が好調に推移すれば、証券銘柄への資金流入が期待できる。手数料の安さに加えて取引可能な国内外ETFなどの豊富なラインナップが魅力であり、新たな投資家を取り込みやすい。つみたてNISAの開始からも恩恵を受けられる可能性がある。

 

ウィンタースポーツ関連銘柄


<6040>日本スキー場開発

グリーンシーズンの売上高を伸ばすことで収益を拡大してきているが、やはり冬季の売上の多寡が業績に大きな影響を与える。昨シーズンが暖冬だったのに対し今シーズンは早い段階からスキー場開設が可能な降雪が全国各地でみられており、年始にも雪が降ればレジャー需要増とあわせて注目が期待できる。

 

旅行関連銘柄


<9201>JAL

帰省や旅行などで航空機を利用する人が増加する年始には、航空機の混雑状況や海外旅行に出かけた人のコメントなどが各種メディアで報じられる機会が増えるため、JALにも資金流入の可能性がある。

 

干支関連銘柄


<7427>エコートレーディング

2018年は戌年であることから、干支関連銘柄としての注目に期待したい。売上高が右肩上がりとなっている小型株であり、値動きの軽さから注目度が高まれば株価急騰のチャンスがある。

 

皇室ウェディング関連銘柄


<9708>帝国ホテル

長い歴史を持つことから、皇室ウェディング関連銘柄として注目される可能性があるホテル銘柄だ。国内外の観光需要の高まりからも恩恵を受けられるため、年始のホテル稼働率の高さに関する報道などから物色対象となることもあり得る。

 

インバウンド関連銘柄


<3099>三越伊勢丹ホールディングス

年始に百貨店各社は初売りイベントを実施することから注目される可能性がある。インバウンド需要の取り込みも可能なことから、2018年にはさらに過去最高を更新することが期待される訪日外国人観光客への注目からも株価上昇が考えられる。

 

鉄道関連銘柄


<9042>阪急阪神HD

年末年始に人の移動が増加して鉄道部門での収益拡大に期待できる。また、2018年には大阪が誘致に立候補している2025年万博の開催地が決定することから、関西エリアでの鉄道ネットワーク強化への期待から買われることもあり得る。

 

年始に狙いやすい銘柄 -総括-

年始に狙いやすい銘柄は、個人投資家の比率が高い状況が予想されることから個人投資家にとっても身近な銘柄が多い。普段は出来高の多さから株価急騰に期待しづらい大型株も、注目度が高まれば変動率が高まるチャンスが到来することも考えられる。

 

今回挙げた銘柄の他にも、年始でいきなり急騰を狙える銘柄はもちろん存在する。そういった大化け銘柄を情報を狙いたい方のために、今まさに年明けのサービスとして飛び切りの推奨銘柄を提供している「株エヴァンジェリスト」を紹介しておきたい。

去年もとにかくすさまじい提供実績の数字を残したこのサイトは、今年もすでに一年通して成長していくであろう銘柄の情報を掴んでいるという。

年明けから早くも、個人投資家のためにさまざまな情報を提供しており、大発会に向けてどんな準備をしておけばいいか、このサイトをみていればそれがつかめるはずだ。

いつも言っている事だが、このサイトは本当にコンテンツが充実している。

タイミングとしては今特にオススメだが、2018年を有意義な投資をおこなうためにも、きっとこのツールがあとあとになって役に立ってくるはずだ。まだ一度も試したことがない人は、とにかく無料情報だけでも結構な情報量を得れるので、是非とも一度登録してみてほしい。

株エヴァンジェリスト

ネット証券関連銘柄

<8473>SBIホールディングス

証券ビジネスに取り組んでいる。

ウィンタースポーツ関連銘柄

<6040>日本スキー場開発

スキー場の運営に取り組んでいる。

旅行関連銘柄

<9201>JAL

空運ビジネスに取り組んでいる。

干支関連銘柄

<7427>エコートレーディング

ペットフードの卸売りビジネス等に取り組んでいる。

皇室ウェディング関連銘柄

<9708>帝国ホテル

ホテルビジネスに取り組んでいる。

インバウンド関連銘柄

<3099>三越伊勢丹ホールディングス

百貨店ビジネスに取り組んでいる。

鉄道関連銘柄

<9042>阪急阪神HD

鉄道ビジネス等に取り組んでいる。