孫正義関連銘柄

孫正義という人物は、もう説明の必要もないとは思うが、言わずと知れたソフトバンクグループの創業者である。日本一の富豪としても名を馳せているほどの著名人だ。
そんな彼が今また世界の注目を集めている。2017年10月24日にサウジアラビアのムハンマド皇太子が人口知能(AI)と再生エネルギー技術を活用した新しい都市建設計画「NEOM」を発表し、孫正義氏も事業への協力者として名乗りをあげているからだ。
投資額5,000億ドル(約57兆円)という超巨大規模のNEOM。孫正義関連銘柄に大きな影響を与えるだろう。

 

孫正義関連銘柄 ~大吉~


<9984>ソフトバンクグループ 

サウジアラビアなどと共同で立ち上げたSVF(ソフトバンク・ビジョン・ファンド)は、約10兆円規模の巨大ファンドだ。主にAIやIoTといったテクノロジー分野に投資する方針が固まっている。また、GPUでは圧倒的なシェアを持っている米半導体大手エヌビディアの株式を市場から買い集めた4,000億円分を移管するかたちでSVFが取得することになっている。孫正義関連銘柄としてまずは当然チェックするべき銘柄だ。

 

孫正義関連銘柄 ~吉~


<2488>日本サード・パーティ

先ほども触れたSVF(ソフトバンク・ビジョン・ファンド)で、AI、IoT関連のテクノロジー分野に投資する方針を表明したと企業だ。同社は、米半導体大手でAIコンピューティングカンパニーとしても有名なエヌビディア社と総括サポート契約を締結している。「NVIDIA DGX-1」というディープ・ラーニング・スーパーコンピュータの保守サポートを開始した事からも、孫正義関連銘柄として是非とも押さえておいていただきたい銘柄だ。

 

孫正義関連銘柄 ~中吉~


<6088>シグマクシス

シグマクシスもAI、IoTテクノロジー分野への投資表明で影響を受ける企業のひとつだ。株式会社UEIのAIを活用してドキュメント自動入力プラットフォームサービス「ディープシグマDPA (Document Process Automation)」を開発し、同サービスの提供をおこなっている。UEIのディープラーニング、Google Cloud Vision API 、辞書・各種RPA(シグマクシス独自開発)が組み合わされた初のAIプラットフォームサービスとあって今後の活躍に期待が寄せられている。

 

孫正義関連銘柄 ~小吉~


<3690>ロックオン

同社は「マーケティング・ロボット・カンパニー」として有名な企業だ。人工知能(AI)をはじめ、IoT、ビッグデータなどとマーケティング関連事業のビジネスモデルを活用して、企業と顧客のコミュニケーション円滑化の提供をおこなっている。AI分野へ経営資源を積極的に振り分け、テックビューロと協業でロックチェーン技術を用いた「Eコマースシステム」を開発するなどフィンテック分野でも大きな活躍をみせている。

 

孫正義関連銘柄 ~末吉~


<4847>インテリジェントウェイブ

同社独自のAI技術を活用した、自然言語を適切に処理するための新製品のソフトウェア「OpAI 」を開発している。これを利用した開発プロジェクトを大手損害保険会社から受注している。検索、情報処理の精度が上がるこのOpAIソフトを中心に事業の拡大を目指すインテリジェントウェイブ。AIに期待を寄せる孫正義関連銘柄のひとつとして今後の活躍から目が離せないだろう。

 

孫正義関連銘柄 ~関連ニュース~

サウジアラビアの新都市を共同開発?!

2017年10月24日、サウジアラビアで開かれた投資会議で、ソフトバンクグループの孫正義氏はサウジアラビアと共同で新しい都市建設計画「NEOM」をおこなうと発表した。サウジアラビアのムハンマド皇太子からNEOMプロジェクトへの参加を求められた経緯を説明したうえで、孫正義氏は「NEOMは素晴らしい機会だ」と語った。さらに、「ソフトバンク・ビジョン・ファンド」がSECに投資する方針も明らかにした。すでにインドでの太陽光発電事業を手がけているソフトバンクグループ。そのノウハウを活かしつつ、AIやIoTなどの先端技術をフルに活用し、自然エネルギーを最大限に利用できる新たな電力事業を進めたいとしている。孫正義関連銘柄に大きく影響する事は間違いないだろう。

ソフトバンク・ビジョン・ファンドが20社に平均1,000億円規模の投資

2017年11月6日、孫正義氏はソフトバンク・ビジョン・ファンドが20社に半年間で平均1,000億円規模の投資をしたことを明らかにし、「1案件で平均1,000億円もの規模の投資を短期間でやったことがあるベンチャー投資企業は今までなかった」とプレゼンテーションで語った。ソフトバンク・ビジョン・ファンドは、2017年5月に総額10.4兆円の出資(サウジアラビアのパブリック・インベストメント・ファンド、アップル、クアルコム、シャープなどが出資)を得ており、ソフトバンクグループは最大3.1兆円の出資を約束している。出資領域としては、主に7領域(AI、IoT、ロボット、Eコマース、ライドシェア、フィンテック/決済、医療)。中国、インド、米国地域の企業が多い。孫正義関連銘柄を語る上で外せない事象だ。

 

孫正義関連銘柄 ~総括~

常に新しい風と新しい衝撃を私たちに与えてくれる孫正義氏。現在はサウジアラビアの都市建設計画「NEOM」に協力すると発表したことで注目を集めている。AIやIoT技術に期待を寄せる孫正義氏の動向に敏感に反応する銘柄「孫正義関連銘柄」に注目しておこう。

なお、この関連銘柄の情報は、下記のサイトでも詳しく取り上げられている

株エヴァンジェリスト

とにかくここは無料会員でもサービスの内容がかなり豊富なことに尽きる。その上、無料特選銘柄の精度もかなり高いから驚きだ。

まずはその豊富なサービス内容を紹介する。

■朝刊レポート(市場営業日の毎朝8時台に配信)

・本日の無料特選銘柄
・昨晩のNY市場おさらい
・本日の東京市場展望
・本日の日経平均株価テクニカル分析
・本日の個別銘柄戦略

この朝刊レポートの注目すべき点はまず、即日上昇を見込む「無料特選銘柄」を毎朝ひとつ入手できるというところだろう。というのも、この「無料特選銘柄」というのがとにかく精度が高い。その上、ロスカット値目安や利益確定値目安も書かれているため、銘柄情報としては申し分ない。

夕刊レポート(市場営業日の毎夕4時台に配信)

・本日の東京市場おさらい
・本日の日経平均株価テクニカル分析
・本日の注目銘柄分析
・明日の注目銘柄
・直近の推奨銘柄実績

そして同日の夕方に配信されるこの夕刊レポートでは、その日に注目された銘柄の分析が8銘柄ほど載っている「本日の注目銘柄分析」、翌営業日に注目すべき銘柄が3つも紹介された「明日の注目銘柄」が見る事ができ、翌営業日に向けた投資もサポートしてくれている。

■ 無料銘柄相談

そして、この無料銘柄相談では、所属するプロアナリストが無料で個別銘柄の相談に答えてくれるという素晴らしいコンテンツだ。相談する銘柄も現在保有中の銘柄だけじゃなく、購入を検討している段階の銘柄でも相談に乗ってくれ、今後の値動きの見通しから最適な売買ポイントを提案してくれる。

以上、この上記のサービスが無料登録だけで受けられるサービス内容だ。この豊富で膨大な情報がしっかり毎日配信されていることからも、株エヴァンジェリストは顧客を大事にし、良質なサービス展開をおこなっている事がよくわかる

またここには、「向後はるみ」という看板と言える助言者がいる。彼女は「投資の女神」とも呼ばれ、夕刊フジの人気企画「株1グランプリ」でも優勝経験を持ち、ラジオNIKKEIでは「実践!投資の女神 注目銘柄分析」にてパーソナリティーも務める、株のスペシャリストというべき美人アナリストだ。

何度も言うようだが、これだけコンテンツが充実しているサイトを俺は他に知らない。

その上、無料推奨銘柄の精度が高いのだから本当に頭が下がる。

無料登録は下のバナーからおこなえるので、関心を持った方は是非とも試してみてほしい。

株エヴァンジェリスト

 

孫正義関連銘柄おさらいまとめ一覧

孫正義関連銘柄 <9984>ソフトバンクグループ 

孫正義氏が率いるソフトバンクグループ。

孫正義関連銘柄 <2488>日本サード・パーティ

孫正義氏がSVFでAI、IoT関連のテクノロジー分野に投資した事で恩恵。

孫正義関連銘柄 <6088>シグマクシス

孫正義氏がSVFでAI、IoT関連のテクノロジー分野に投資した事で恩恵。

孫正義関連銘柄 <3690>ロックオン

AI、IoT、ビッグデータなどマーケティング関連事業のビジネスに強み。

孫正義関連銘柄 <4847>インテリジェントウェイブ

同社独自のAI技術を活用した「OpAI 」を開発。