外食チェーン関連銘柄【9861】吉野家ホールディングス


2017-04-14-終値1,676 前日比+37(+2.21%)
PER   :(連) 53.13倍
PBR   :(連) 1.95倍
配当利回り:1.17%
時価総額 :111,567百万円


3月30日の日経新聞にて「吉野家、学生バイトに奨学金 入社で全額返済免除」という記事が掲載されていたので、改めて外食チェーン関連銘柄を探ってみたところ、ユビキタストレーディングの山根亜希子さんも注目している外食チェーン関連銘柄として【9861】吉野家ホールディングスを推奨していた。
そして我々庶民の味方、牛丼チェーン「吉野家」が奨学金制度を開始するとのニュースが注目されているぞ。

銘柄[市場] 9861 吉野家ホールディングス [東1]
大発会始値 2017-01-04-始値1,604円
本日終値 2017-04-17-始値1,668円
高値日高値 2017-01-13-始値1,740円 年初来高値

吉野家ホールディングスが始める奨学金制度の対象は、来年4月の大学入学予定者としている。入学金と4年間の授業料を全額貸与するが、吉野家の店舗で週3時間以上アルバイトをすることが条件だという。また卒業後に吉野家へ入社して、4年間勤務すれば返済の義務がなくなるという。『日本フードサービス協会』に加盟する同業他社へ入社しても、半額が免除されるとしているぞ。この発表後、株価が急上昇している。この値動きはしばらく続くと睨んでいるぞ。

今回紹介した山根亜希子さんは、20万部以上のベストセラー作家ながら個人投資家としてFXでコンスタントに利益をあげ、100回以上に及ぶセミナーなどで一般投資家への啓蒙活動を行っている、ユビキタストレーディングで代表取締役を務めている方だ。現在も多数の執筆やセミナーをおこなっており、相場観とテクニカル分析においては一目置く存在だ。


山根亜希子
ユビキタストレーディング 代表取締役
これまで執筆した書籍は多数で累計部数は20万部以上。
毎週木曜日「山根亜希子のマーケットレポート」を連載中。
連載中のコラム「山根亜希子の注目マーケットレポート」はこちらから⇒

株式投資はとにかく情報が命だ。それもガセじゃない、把握と予測に基づいた精度の高い情報が何より重宝できる。数多くのアナリストがいる中、外貨FXにも精通した世界的なマクロ経済視点から株式市場を分析できる山根亜希子さんのような人が発信する情報は、トレード技術を磨く上で有益な情報になる事は間違いない。彼女が執筆するレポート「山根亜希子の注目マーケットレポート」はトリプルエーというサイトで無料で読む事ができる。また、サイト内ではコラムのほかにも、無料で推奨されている無料推奨銘柄もチェックすることができるので、レポートを読みつつ推奨銘柄もゲットしてしまえば、まさに一石二鳥ではないだろうか。まだ読んだ事がないという方は、相場全体のテクニカル分析に特化した「山根亜希子の注目マーケットレポート」というレポートを是非読んでもらいたい。

外食チェーン関連銘柄-大吉-

【2695】くらコーポレーション

外食チェーン関連銘柄-中吉-

【7421】カッパ・クリエイト

外食チェーン関連銘柄-小吉-

【3075】銚子丸

外食チェーン関連銘柄-末吉-

【7550】ゼンショーホールディングス

 


 

※免責事項※
当ブログの記事は投資勧誘及び個別銘柄の推奨や投資助言ではありませんので、
情報の正確性を保証するものではございません。予めご了承下さい。
投資判断は自己責任にてお願いします。