どうも株番長です。

株式市場における仮想通貨関連銘柄は、コインチェックからの仮想通貨流出問題をきっかけに仮想通貨価格が下落したことなどの逆風にさらされた。

しかし、足元では仮想通貨価格が回復してきていることや、流出事件をきっかけに仮想通貨の認知度がさらに高まったと考えられることなどから今後も物色対象となりやすい。

そういった事からも、改めて仮想通貨関連銘柄に注目しておきたい。

株式市場混乱で仮想通貨への関心が高まる可能性

株式市場は米利上げ加速への懸念から混乱している。

日本株市場もアメリカ初の株安にさらされて大きく下落した。

株価は徐々に回復してきているものの、円高が進んできていることから好調な企業業績に与える影響が懸念される。

輸出関連企業の中にはトランプ政権による大幅減税の恩恵を受けて今期の業績が大幅改善した銘柄も少なくないため円高の影響が隠れがちだが、円高に伴う日本株市場への悪影響は注視したい。

株式市場が今後も混乱することとなれば資金の逃避先として仮想通貨が買われる可能性がある。

相場急変時に価格が上昇するVIX連動商品の一部で価格が急落するなどしており資金逃避先の選択肢が狭まっていることも、仮想通貨関連銘柄にとって追い風となる。

コインチェック問題は下火になりつつある

コインチェックから仮想通貨が流出した問題により仮想通貨取引所への信頼が低下したと考えられる。

しかし、コインチェックは金融庁が仮想通貨交換業者として認可していなかったことも広く報じられており、今後適切な規制・管理が進みやすくなったことから中長期的には仮想通貨への信頼度は高まっていくと考えられる。

また、コインチェックから流出したネムの行方を一定程度まではたどることができているため、仮想通貨取引に活用されている技術の高度さが評価されることもあり得る。

仮想通貨関連銘柄は仮想通貨そのものの普及だけでなく、仮想通貨取引を支えるブロックチェーン技術に強い銘柄も含むだけに、コインチェック問題が下火になるにつれて仮想通貨の将来性が注目され、関連銘柄に資金が流入しやすくなると考えられる。

仮想通貨関連銘柄

仮想通貨関連銘柄 ~大吉~


<3696>セレス

ポイントサイト運営に取り組んでいる。手軽な収入源としてポイントサイトを活用する層が仮想通貨にも関心を示す可能性がある。ポイントを仮想通貨に交換することも可能となっていることから、現金を用いずに仮想通貨を入手したいと考える層が増えればサイト会員増等の恩恵を受けられる。

仮想通貨関連銘柄 ~吉~


<3778>さくらインターネット

データセンター事業に取り組んでおり成長著しい。仮想通貨取引の頻度が高まれば、データの処理量増につながる。IoT機器の増加など時代が進むにつれてデータセンター需要が高まると考えられることもあり、中長期的な視点でも投資に値する銘柄と言える。

仮想通貨関連銘柄 ~中吉~


<8306>三菱UFJフィナンシャル・グループ

大手金融機関を抱えている。三菱UFJコインの開発に取り組むなど仮想通貨ビジネスに一定の関心を示している。金融機関がブロックチェーン技術を金融取引に活用する可能性もあることから、仮想通貨関連銘柄として認知され資金が流入することも考えられる。

仮想通貨関連銘柄 ~小吉~


<8704>トレイダーズホールディングス

FXサービスを提供している。仮想通貨取引が広く認知されるにつれて短期間で大きな利益を狙う投資に関心が高まればFX人気も再燃する可能性がある。現在は仮想通貨人気の高まりに押され気味だが、レバレッジ規制などで仮想通貨よりもリスクを抑えやすくなれば顧客層が広がるチャンスだ。

仮想通貨関連銘柄 ~小吉~


<2428>ウェルネット

決済代行ビジネスを実施している。仮想通貨の普及が進めば決済手段が多様化することから、決済代行ビジネスが活況を呈する可能性がある。売上増だけでなくコスト削減にもつながれば、利益率の高まりも業績を後押しすることが期待される。

仮想通貨関連銘柄 ~末吉~


<3807>フィスコ

金融情報サービスに取り組んでいる。仮想通貨取引への関心が高まれば仮想通貨価格の変動をはじめとする金融情報の需要が高まることが期待される。仮想通貨が資産逃避先としての役割を強めれば、仮想通貨投資家が金利や株価指数など多様な金融情報を求めることも考えられる。

仮想通貨関連銘柄 ~末吉~


<4704>トレンドマイクロ

「ウイルスバスター」ブランドで知られる。仮想通貨流出問題を機にサイバーセキュリティ対策への関心が高まっていることから恩恵を受けるチャンスがある。仮想通貨価格の回復で仮想通貨取引への関心を高める層が出てくれば、合わせてセキュリティ対策需要も高まりトレンドマイクロの業績を後押しする可能性がある。

仮想通貨が注目されている理由とは?

仮想通貨関連銘柄は、相場の過熱感やコインチェックからのネム巨額流出問題などによって下落していた仮想通貨価格が持ち直してきていることから注目を集めている。

仮想通貨をめぐるトラブルそのものは決して望ましい事ではないが、仮想通貨取引の環境整備や認知度向上には貢献している。

仮想通貨は決済コストの削減等につながるだけに、中長期的には普及が進んで関連銘柄にも好影響をもたらすだろう。

また、国内外の株式市場が不安定な動きを見せていることも仮想通貨関連銘柄には追い風だ。

資金の逃避先として仮想通貨を買う動きが強まれば、関連銘柄の業績が伸びやすくなる。

短期的な視点・中長期的な視点のいずれでも評価できることから、幅広い投資家から仮想通貨関連銘柄が買われるチャンスがあると言える。

仮想通貨関連銘柄 材料のすすめ

なお、仮想通貨関連銘柄に関する情報は、下記のサイトでも詳しく取り上げられている。

こういった旬の話題に関するテーマ株に強みを持っているサイトがあるのをご存知だろうか?

下記のサイトは、特に旬のテーマ株に強いと評判の株情報サイトで、とにかくオススメしておきたい。

FIP投資顧問

株の世界では知らない人はあまりいない「福の神」こと「藤本誠之」さんの最新の相場情報を公開しているのがこのFIP投資顧問だ。
特にこのFIP投資顧問が提供している株プロフェットというサービスのコンテンツは、無料で得られる情報ですら、とにかく質が良い

藤本さんといえば毎週「相場の福の神 10ミニッツ」というラジオ番組で厳選注目の上場企業をピックアップしているが、この番組のスポンサーをこのFIP投資顧問が務めている。このあたりからもFIP投資顧問と藤本さんの繋がりは強く感じられるし、そういった点からも無料の予想銘柄や、本人が手掛けるコラムはしっかりと力が注がれているのがわかる。

俺は基本的に自分で実際に有益だと体感したものしか人には薦めない。だからこそ、このサイトは自信をもって推奨できる。
とにかくまずは、無料から。合わないと思えばすぐに解約もできるから安心してはじめて見てほしい。

株プロフェット

仮想通貨関連銘柄 総括

仮想通貨関連銘柄は、仮想通貨価格が持ち直しつつあることから注目されている。

株式市場の混乱によって資金逃避先としても仮想通貨が見直されれば、関連銘柄への好影響に期待したい。