仮想通貨申告関連銘柄【3994】マネーフォワード

先日2日、<3994>マネーフォワードは、Aerial Partnersと『仮想通貨申告サポートプログラム』を開始したと発表。本プログラムは、仮想通貨取引に関する確定申告対象者向けに、認定仮想通貨税理が損益計算、書類準備、申告書作成などを支援するプログラムで、昨今、ビットコインをはじめとする仮想通貨取引が急激に拡大しているといった背景から導入されたものだ。仮想通貨の流出事件などが起こる中、安全かつ健全な仮想通貨取引が行われるよう今後もサポートしていくと表明。

同社は、MFクラウド会計・確定申告・請求書・給与・消込・マイナンバーといったサービスを提供しており、去年上場したばかりの企業。今回のプログラム提供で昨今拡大している仮想通貨に触れた事業に取り組んだ事となる。この<3994>マネーフォワードは、以前から新生ジャパン投資の前池英樹さんも、注目していた銘柄だ。

前池英樹さんといえば、過去に株式市場新聞で記者をしていた人物で、金融業界で幅広く活躍したことでも有名。別名、髙山緑星さんとしても、ラジオノパーソナリティを務めている。


神がかりの「前池英樹」
ラジオNIKKEI「源太緑星株教室」
新生ジャパン投資 代表取締役
無料推奨銘柄が掲載されたマーケットレポート朝刊/夕刊はこちらから⇒

こういった今回の<3994>マネーフォワードのような銘柄は、材料を機に騰がる前に目を付けておく事が重要だ。そういう意味では、前池英樹さんが代表を務める『新生ジャパン投資』は、まさにそういった銘柄を発掘するのにうってつけのサイトと言える。

新生ジャパン投資

最近の実績で言うと、新生ジャパン投資が推奨した<3323>レカムが、買い推奨値118円から553円へ4.6倍高の短期急騰を演じたのは記憶に新しい。

推奨後この銘柄は、17年9月期の決算を発表し、連結経常利益は前の期比2.7倍の2.5億円に拡大。18年9月期も前期比2.2倍の5.7億円に急拡大を見込むとした。同時に増配も発表。

さらにその後、「光通信との資本業務提携」および「同社子会社の株式取得に関する基本合意契約締結」を発表した。

上記に加え、子会社が中国に上場する思惑も伝わり、株価急騰に拍車。今年に入り、1月4日には子会社が上場準備を行っているというIRもあり、更にヒートアップした。

推奨後にこれらの材料が経て続き、結果的に株価5倍近くの上昇となっている。

無料推奨銘柄というお試しが永久的に利用できるのであれば、それを利用しない手はないと俺は思う。今後もこの新生ジャパン投資が目を付けた銘柄を知っておくのは決心て損ではないだろう。