どうも株番長です。

昨今の日本の人材不足は深刻さを極め、景気回復がまたそれに拍車をかけている傾向だ。今回はそんな人材不足で恩恵のある銘柄に触れていきたい。

人材関連銘柄

人材不足から注目する企業とその関連銘柄

この深刻な人材不足の中、この状況を上手く逆手に取り事業を進めているのが「やまとごころ」という企業である。

2007年創業の企業であるが、2014年6月にサービスを開始した「やまとごころキャリア」が今の日本の現状に非常にマッチした。

というのも、この「やまとごころキャリア」というのは、インバウンド人材を主とした人材専門求人サイトなのだ。近年の急激な訪日外国人観光客の増加が、このインバウンド人材を主とした求人で、一気に急成長を遂げた。登録会員数も、先日の11月16日で10,000人を突破している。

奇しくも、この企業はまだ上場はしていないため、投資は出来ないが、「やまとごころ」は2015年の8月に「ホットリンク」と提携を締結している。

業務提携の概要として、「インバウンド消費関連企業に対する、プロモーション施策やサービス開発についてのソリューション共同開発・販売」という施策がある事からも、「やまとごころキャリア」が成長を遂げれば自ずと恩恵を受けるとみている。実際に、登録会員数が10,000人を突破した11月16日以降は、ホットリンクも連日株価を上げている。

人材関連銘柄 <3680>ホットリンク

ソーシャルビッグデータ分析で企業経営を支援。SNS分析「クチコミ@係長」やSNS監視「e-mining」を提供。

本来はこの業務内容からもビッグデータ関連銘柄などのセクターとして取り扱われている同社だが、今回の「やまとごころキャリア」の件で、人材関連銘柄としても注目・恩恵を受けそうだ。

 

その他の人材関連銘柄

人材関連銘柄 <2181>パーソルホールディングス

テンプホールディングスが社名変更して誕生した。人材サービスを提供している。求職者数、求人件数ともに豊富に確保していることから、互いのニーズに合ったマッチングを実現しやすい。業績は右肩上がりであり、景気回復で人材不足感がさらに強まれば成長加速にも期待できる。

 

人材関連銘柄 <2136>ヒップ

技術者派遣ビジネスに取り組んでいる。技術者不足は深刻で、待遇改善により人材確保を図る企業が増えれば、高い能力を有する技術者が人材派遣サービスを利用して職探しを行いやすくなる。ジャスダック上場企業のため値動きの軽さも魅力だ。

 

 

過去に取り上げた人材関連銘柄の記事

人材関連銘柄に関連した他の記事にも上記で挙げた人材関連銘柄以外の詳細とかに触れているので、お手すきの時にでも見てほしい。

注目銘柄【3857】ラック

 

人材関連銘柄の最新情報を最速キャッチ

さっき挙げた人材関連銘柄は数あるうちのほんの一部。押さえておきたい人材関連銘柄はまだまだたくさんあると言ってもいいだろう。しかしながらその数は結構なものになり、その最新情報を抑えようと思ったらやっぱりすごく時間かかる。というわけで毎度おなじみになってしまうが、こればっかりはやっぱり投資顧問サイトで毎日無料で更新されているレポートとか、展望とか見て、素早く頭に入れるのが一番だ。俺も市場把握のために毎日使ってるし、投資家こそ使うべき。感覚としては毎日更新される株情報サイトを見に行っている感じかな。まだまだ警戒する人が多いあたり、やっぱり誤解されてるイメージってまだあるんだなぁとつくづく思うが、少なくても俺が紹介している投資顧問は、絶対的に優良サイトだから、そこだけは安心してほしい。

 

人材関連銘柄 -総括-

景気回復と共に進んでいるといってもいい人材不足が、来たる2020年の東京五輪に向けてさらに深刻化する事が予想される。奇しくも、その五輪に向け、さらにインバウンド需要が増加することは間違いなく、「やまとごころ」のようなものが増えれば、人材不足セクターはインバウンド市場の影響も受けていく事になっていくのかもしれない。