人工肉関連銘柄

どうも、株番長です。

今回は人工肉関連銘柄をチェックしていこう。

人工肉関連銘柄とは?

人工肉

人工肉とは、大豆等を使用して製造された、従来肉の代替品だ。

牛肉・豚肉・鶏肉といった従来の肉に比べてカロリーを抑えられるため、ダイエット等に適している点がメリットの1つだ。

また、近年は世界的な人口増加に伴って食糧不足が深刻化している地域もあり、家畜飼料の抑制の観点からも人工肉開発が進むと考えられる。

さらに、地球温暖化防止の観点から飼料製造時に排出される温室効果ガスの削減ニーズも高まっており、人工肉の普及を後押ししている。

大豆などすでに人間が食用としている製品を材料とした肉については消費者の抵抗感も小さいと考えられ、店頭に並ぶケースは増加すると見込まれる。

 

人工肉関連銘柄

人工肉関連銘柄は、人工肉製品の販売が進むことで恩恵を受けられる。

例えば、大手ハムメーカーやハンバーガーチェーンなどで人工肉製品を試験的に販売する動きが見られる。

試験的に販売される人工肉製品が好評となれば、製品開発が加速すると考えられる。

需要拡大に伴うスケールメリットで製造コストの抑制が進めば、健康だけでなく節約の観点からも人工肉が選ばれやすくなることが期待される。

インバウンド需要が増大する中、宗教上の理由などで肉食を避ける層への対応が進むことも人工肉市場拡大に一役買う可能性がある。

また、アメリカではすでに植物肉メーカーのビヨンド・ミートがIPOを実施済みだ。

海外市場において人工肉メーカーが高評価を得られれば、日本株市場でも関連銘柄に恩恵波及のチャンスが生まれる。

 

人工肉関連銘柄ニュース

<2702>日本マクドナルドホールディングスはV字回復後も株価堅調

ファストフード大手の<2702>日本マクドナルドホールディングスは、V字回復後も株価は堅調に推移している。

2017年の3,000円台から急回復した株価は、2020年2月7日終値でも5,240円と高水準を維持している。

次々と打ち出されるキャンペーンが話題を集めており、「安かろう悪かろう」のイメージを払拭しつつある。

2020年にも「ごはんバーガー」を発表するなど新素材の活用に意欲的であり、将来的には大豆ミートなどの人工肉を使用したハンバーガーが多数登場することもあり得る。

株主優待も人気の内需銘柄であり株価が下支えされやすい中、さらなる成長に期待する資金を取り込みたいところだ。

 

人工肉関連銘柄 一覧

2282 日本ハム ハム製造大手。人工肉普及でラインナップ拡大に期待。
2281 プリマハム ソーセージ等を製造。人工肉の製造コストが低下すれば原料費削減の可能性も。
3539 JMホールディングス スーパーマーケットを展開。肉料理提供のレストラン運営も実施。
2702 日本マクドナルドホールディングス ファストフード大手。業績好調が続く中、人工肉活用で健康志向の高まりも取り込めればさらに追い風。
9873 日本KFCホールディングス 「ケンタッキー」ブランドでチキン料理等を提供。人工肉が普及すればヘルシー志向の顧客もファストフード客として取り込むチャンス。
3053 ペッパーフードサービス ステーキレストランを展開。人工肉普及でヘルシーな製品を提供しやすくなれば業績回復のきっかけになり得る。
9861 吉野家ホールディングス 牛丼チェーン大手。人工肉の利用拡大で肉の調達コストが下がれば追い風。
2897 日清食品ホールディングス 大手食品メーカー。話題を集めたカップヌードルに使用されている「謎肉」が人工肉からの連想で注目される可能性。
8031 三井物産 大手総合商社。人工肉普及で食料資源ビジネスが拡大すれば追い風。
2801 キッコーマン 醤油メーカーとして知られる。人工肉材料の1つである大豆の加工スキルを活かしたい。

 

<2282>日本ハム

国内大手ハムメーカーは限られるほか、プロ野球球団を保有していることもあり、高い知名度を誇る。ハム製品は手軽に食べられることから共働き世帯の増加等も追い風となる。人工肉活用を進めることでよりヘルシーな製品を販売しやすくなれば、従来は食肉製品を敬遠しがちだった層も取り込みやすくなる。ディフェンシブ銘柄の一角であり、新型コロナウイルス肺炎や米大統領選といった海外要因に影響されづらい点も安心材料だ。

 

<9861>吉野家ホールディングス

一部セルフサービス導入による人件費削減やメニューの訴求力アップといった取り組みもあり、業績は改善傾向だ。消費増税後の景気対策が打ち切られたのちに節約志向が高まれば、ランチ需要等をさらに取り込みやすくなる。BSE発生時には牛肉調達に苦労するなど、肉製品の需給バランスによる影響を受けやすい。人工肉市場が拡大すれば、従来の肉についても調達コストが下がる可能性がある。軽減税率導入により中食人気が高まることも考えられる中、どこまで時代のニーズに合わせたビジネスモデルを提供し競合他社の攻勢を凌げるかにも要注目だ。

 

人工肉関連銘柄 ~総括~

人工肉関連銘柄は、人工肉を使用した製品の販売が進んでいることから注目を集めている。
世界的な人口増加や健康志向の高まりを背景に人工肉需要が伸びれば、関連銘柄の成長期待もさらに高まるだろう。

 

なお、この関連銘柄の情報は、下記のサイトでも詳しく取り上げられているので是非ともチェックをオススメしたい。

 

株エヴァンジェリスト

最近推奨銘柄が冴えに冴えわたっている事で話題となっているこのサイトでは、上記のような急騰候補株の情報を毎日かかさず発信している。

その実績を一部だけ紹介しておきたい。

 

推奨銘柄の推奨実績
[6035]アイ・アールジャパンホールディングス
紹介日/始値 2019年11月27日/4210円
高値日/高値 2020年02月07日/6390円
騰落率: 51.78%UP

[2477]手間いらず
紹介日/始値 2019年10月23日/4980円
高値日/高値 2020年02月06日/6920円
騰落率: 38.96%UP

[4348]インフォコム
紹介日/始値 2019年10月09日/2463円
高値日/高値 2020年02月05日/3210円
騰落率: 30.33%UP

[4424]Amazia
紹介日/始値 2019年09月25日/3825円
高値日/高値 2020年02月07日/7220円
騰落率: 88.76%UP

[7033]マネジメントソリューションズ
紹介日/始値 2019年07月17日/2501円
高値日/高値 2020年02月03日/4055円
騰落率: 62.14%UP

[9719]SCSK
紹介日/始値 2019年04月24日/5190円
高値日/高値 2020年02月07日/6170円
騰落率: 18.88%UP

 

この実績はほんの一部。

しかし、どれをみても急騰前にしっかりと推奨しており、1ヶ月以内にきっちりとプラス収益を出し、保有していればその後も騰落率100%前後を達成している銘柄ばかりだ。

 

とにかく無料登録だけでも特にしかならない情報量なので、絶対に一度利用してみてほしい。

株エヴァンジェリストが注目する急騰最有力の材料銘柄とは?