どうも株番長です。

中国のGDPが依然として伸び続けている。

中国は貿易も活発に行われている人口が10億人を超える巨大市場でもあることから、積極的に進出する日本企業も見られる。経済成長率こそ落ち込んできているものの所得水準は向上しており消費拡大に期待できる。

GDPが続伸している事で、改めて中国関連銘柄に注目してみたい。

地理的に近い日本は中国市場を開拓しやすい

急速な経済発展を遂げた中国では、先進諸国の多くの企業がシェア獲得に取り組んでいる。

日本は中国と地理的に近い関係にあることから貿易などの際にかかる輸送コストを抑えやすいメリットなどがあり、中国市場を開拓しやすいと言える。

尖閣諸島の領有権をめぐって主張が対立するなど課題もあるが、経済面では中国も日本の先進的な技術を積極的に取り入れる姿勢を見せている。

日本の優秀な技術者を中国企業が引き抜いているケースもあるようだ。

日本企業としては中国企業に技術を奪われる形は避けたいものの、適度な技術提供などを進めることで中国市場を開拓できるチャンスが高まる。

ただ、中国市場では規制への対応などに苦慮することもある、関連銘柄としてはすでに中国進出を果たしている企業を狙っていきたいところだ。

中国経済の発展でインバウンド需要増にも期待

中国と日本が地理的に近接していることは、日本企業が中国に進出する際以外にもメリットがある。

日本では近年訪日外国人観光客が急増しているが、日本へのアクセスにかかるコストが低い中国や東南アジアなど近隣諸国からの来訪者も少なくない。

中国の所得水準が向上し日本旅行を楽しめる中間層が厚みを増すにつれて、さらなるインバウンド需要増加にも期待できる。

特に中国人の中には日本製品に高い信頼を寄せている層が少なくない。

家電製品や化粧品などを大量に購入する「爆買い」が話題となった時期もあるなど、日本製品へのニーズは高いと言える。

LCCの就航増や空港アクセス改善などの取り組みを進めることができれば、さらに中国人観光客の取り込みを進められるだろう。

中国関連銘柄

中国関連銘柄 ~大吉~


<6301>コマツ

建機ビジネスに取り組んでいる。中国市場でのビジネスを活発に展開しており、中国経済の動向に業績が左右されやすい。ITを積極活用して機器の効率的なメンテナンス等を実施しており、安定した収益の確保と共に利用者の満足度向上に取り組んでいる。高品質な日本製品の1つとしてコマツブランドが浸透していることから、今後も中国市場での勢力拡大に期待できる。

中国関連銘柄 ~吉~


<7201>日産自動車

日本ではトヨタに次ぐ大手自動車メーカーとして高い知名度を誇る。中国進出も進めており、トヨタと合わせて日本車の高品質をアピールできれば、所得水準増に伴う自動車普及から恩恵を受けられる。不正問題などで株価は停滞傾向で、高配当である点からも買いが集まる可能性がある。

中国関連銘柄 ~中吉~


<8113>ユニ・チャーム

衛生用品を提供している。日本製の衛生用品は品質・安全性の高さから中国でも高い評価を受けている。国内市場だけでなくアジア市場での売上比率が高いことから、中国関連として注目されやすい。訪日客が日本のドラッグストア等でユニ・チャーム製品に触れる機会が増えれば、現地売り上げのさらなる伸びにも期待できる。

中国関連銘柄 ~小吉~


<8001>伊藤忠商事

非資源部門に強みを持つ大手商社だ。三井物産や三菱商事と比べて資源価格変動による影響を受けにくい。中国市場の開拓に積極的に取り組んできたことから、中国の経済発展が続くことで恩恵を受けられる。相場波乱局面でも堅調な株価が、好業績と将来性への期待を物語っている。

中国関連銘柄 ~末吉~


<7453>良品計画

「無印良品」ブランドで高い知名度を誇る。海外進出にも積極的で、特に中国で多数の店舗を展開している。漢字ブランドであることから中国へも浸透しやすく、国内市場が縮小する中でも業績を伸ばしやすい。業績の右肩上がり傾向がどこまで続くかに要注目だ。

中国関連銘柄 ~半吉~


<9044>南海電気鉄道

関西空港と大阪ミナミにあたるなんばを結ぶ路線を有している。LCC機内で鉄道切符を販売する取り組みが好評であり、中国人観光客も取り込みやすい。中国での所得水準向上に伴い訪日旅行客が増えれば、空港線の収益向上で業績を伸ばしやすくなる。

中国関連銘柄 ~末小吉~


<7820>ニホンフラッシュ

マンション向けのドア製造に取り組んでいる。中国市場での売上比率が高い。中国では不動産バブルと言われるほど不動産投資が人気化し、バブル崩壊が懸念されてきた。ただ、政府が高い経済成長率を無理に達成しようとする姿勢を崩してきていることなどから、ハードランディングのリスクは低下傾向だ。中国経済の好調が続けば今後も好業績に期待できる。

中国関連銘柄が注目されている理由とは?

中国関連銘柄は、中国のGDPが依然として伸び続けていることなどから注目されている。

市場が拡大しているため日本企業も中国に進出することで国内市場の成熟に伴う伸び悩みを打破できる可能性がある。

また、所得水準の向上に伴って訪日旅行を楽しめる層が増えてきていることから、中国人によるインバウンド需要にも期待できる。

中長期的な視点で東アジア経済を発展させるうえでも中国との協力は欠かせない。

長らく世界経済をけん引してきたアメリカがトランプ大統領の強硬な政策や利上げ問題などで揺れる中、日本の株式市場でも中国関連銘柄に注目が向かうことが考えられる。

中国で高いシェアを誇る銘柄はもちろん、中国人観光客増による恩恵を受けられる銘柄についてもアンテナを張っておきたい。

中国関連銘柄 材料のすすめ

なお、中国関連銘柄に関する情報は、下記のサイトでも詳しく取り上げられている。
株エヴァンジェリスト
毎日配信される朝刊や夕刊だけでも結構な情報量となる株エヴァンジェリストの無料のサービス。この豊富で膨大な情報がしっかり毎日配信されていることからも、株エヴァンジェリスト顧客を大事にし、良質なサービス展開をおこなっている事がよくわかる

またここには、「向後はるみ」という看板と言える助言者がいる。彼女は「投資の女神」とも呼ばれ、夕刊フジの人気企画「株1グランプリ」でも優勝経験を持つ、株のスペシャリストというべき美人アナリストだ。

とにかく、無料で情報収集するためだけでも充分に利用のできるこんなサイトを、俺は他に知らない。

その上、提供している推奨銘柄が、片っ端からこれだけ値上がりする事もそうあることではない。
推奨銘柄の推奨直後の実績
[6176]ブランジスタ
推奨日/買値2017年12月25日/1333円
利確日/売値2018年01月10日/2765円
騰落率:107.43%UP
年始の急騰を見越しての事前推奨!

こういった推奨銘柄が毎日配信され、しかもこれだけの騰落率の結果が度々出る。

株エヴァンジェリストや向後はるみが次に推奨する銘柄は何なのか?投資家であれば、これが気にならないわけがない。実際に無料登録して、自ら確認してみてほしい。

株エヴァンジェリストが次に注目する超絶期待急騰銘柄とは?

 

中国関連銘柄 総括

中国関連銘柄は、中国経済が無理の少ない成長を続けることで恩恵を受けられる。中国市場に浸透している銘柄を中心に業績の伸びに期待したい。近接する日本がどこまで中国市場を開拓できるかには今後も注目しておこう。